価値を伝えきることの大切さ

12782223_974839182629948_2105255218_n

たちは、現在、ものすごい量の情報が氾濫する社会に生きています。

インターネット上で見つけられない情報はない、と言われるほどです。

このような社会で、人に価値を提供し、その対価を受け取る、いわゆるビジネスをしようと考えた場合、その価値をどのように届けるのかが、非常に大切になります。

極端にいえば、あなたがその価値を持っていること、それを提供していること、そういう価値が存在していることなどを、他人に知ってもらわなければいけないのです。

それをしなければ、あなたがやっていることは無意味になります。

どんなにすばらしいものを提供できるとしても、相手がそれを知りえないのであれば、無価値と同じです。
の中には、あなたの助けを必要としている人が、間違いなく存在しています。

 

なぜ、そう言い切れるか。

 

人が抱える問題というのは、多種多様に見えて、実際はそんなに異なるものではありません。

人間には共通した欲求があり、そのどれかが満たされないことが原因で、問題が生じている場合がほとんどです。

あなたは、それを克服してきた。

試行錯誤して、何度も傷ついて、それでも前に進もうとしてきた。

その結果、なんらかの解決策や、克服方法、問題を回避する方法などを見つけたはずです。

 

その経験とノウハウが、あなたが提供する価値になります

 

して、世の中には、いままさにあなたと同じ問題で、苦しんでいる人がいます。

数年前のあなたと同じ状況に立たされて、もがき苦しんでいる人がいるのです。

 

その人に向けて、声をかけてあげてください。

「こうしたらよくなるよ」と進む道を教えてあげてほしいのです。

 

それをやるために、電子書籍の出版という方法があります。

 

人を救いたい、困っている人の役に立ちたい。
そんな気持ちを活かすことができるのです。

 

社会の人を救うという目的を、あなたの目先のエゴで押しつぶしてしまわないように。

電子書籍の出版をぜひ考えてみてください。

 

あなたの書籍を待っている人が、かならずいます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. D80_0902_M
    昨日は、電子書籍の印税の お話をしました。 今日は、意外と知られてい…
  2. 11025195_810274529047937_8279164399193600150_n
    ─前回からのつづき─ 朝、図書館へ行き、端っこの棚から、一列ずつ順番に書籍…
  3. Young student in a library
    ─今回は、ちょっと趣向を変えて、私がなぜこの仕事をしているのかというお話です─ …

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る