なぜ電子書籍がいいのか!?

キンドル

電子書籍の魅力のひとつは、自由度が高いことです。

紙の書籍だと、印刷費などの制作コストがかかったり、
出版制度の関係で書籍の価格を一定のものにしなければなりません。

そして、それらのコストを回収するためには、
相当の数を販売しなければ利益がでない。

しかし、電子書籍であれば、文章を書いて、フォーマット化できれば、
いまやだれでも出版することが可能です。

自分で作ることができるうえ、価格もある程度好きに決められます。

ということは、自分の目的に合わせて、使うことができる。

これが、電子書籍の最大の魅力です。

インターネットビジネスをするうえでは、リーチ、リスト集め、セールスと、
一連のながれをすべてネット上でできることが武器になります。

電子書籍であれば、それが可能です。

電子書籍から、自分のサイトへ、あるいはオプトインページへ、
スムーズに誘導することができます。

書籍を読んで、新しい情報を知ったり、
探していたものを見つけたときというのは、
読者はそれなりに興奮している状態です。

その熱が冷めないうちに、アクセス先とアクセスの許可をもらうのが一番いい。

それが、一度か二度、画面に触れるだけでできるのであれば、
こんなに効率的なやり方を逃すのはもったいないでしょう。

しかも、書籍の著者という立場から、読者にアプローチできます。
これら、やっている私からみますと、ブログや無料レポートなどとは格段に違う。

著者というだけで、読む人の受け入れ態勢が変わってくるのです。

これらの点から、電子書籍の魅力が少しでも伝わっていればいいのですが、
ここで大事なポイントは、

「電子書籍で印税を稼ごうとしない!」

こと。

電子書籍で販売部数を競い、印税を稼ごうとするのは、
フロント商品をやたらに売って、利益をとろうとしていることと同じです。

手間ばかりかかって、利益にはなりません。

商品自体が、利益率の高いものではない。

1冊あたり、せいぜい300~500円程度です。
これを、「何冊売れていくらになった!」という感覚で見ていたら、
月50万円を稼ぎだすことは無理です。

それよりも、確実にファンをつくり、確実にリスト化していく

そのためには、まずは電子書籍をあちこちに放って、
見込客を連れてきてもらうことが大事です。

最初はひとり、ふたりでいい。

その人をコアなファンへと変えていく。

すると、その人を見た人がまた集まってくる。

コアなファンが10人いれば、いいレビューもつくし、
SNSなどで紹介してくれるようになります。

このように、自分からもろもろ仕掛けていけるのも、
電子書籍の大きな魅力でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. D80_0902_M
    昨日は、電子書籍の印税の お話をしました。 今日は、意外と知られてい…
  2. 11025195_810274529047937_8279164399193600150_n
    ─前回からのつづき─ 朝、図書館へ行き、端っこの棚から、一列ずつ順番に書籍…
  3. Young student in a library
    ─今回は、ちょっと趣向を変えて、私がなぜこの仕事をしているのかというお話です─ …

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る