出版社から出すのがいいか、Kindleでの自作がいいか、、

10360348_814239101984813_4593556952204439020_n

子書籍を出版するには、出版社から出す方法と、自分でKindleから出版する方法があります。

どちらの方法にも、それぞれのメリット、デメリットがあります。
これは、著者の目的や好み、特性によりますので、どちらがいいかを一概に決めることはできません。

当社は出版社ですので、Kindleでの自作出版については、詳細まではわかりません。
そちらについては、詳しい方にお話をうかがうことをおすすめします。

ここでは、それぞれで出版した場合、具体的にどんな違いがあるのかをご説明します。

もそも、電子書籍を出版する目的がどこにあるのかが重要です。

たんに出版したい、記念に出してみたいというのであれば、Kindleで自作される方がいいと思います。

というのは、出版社には各社の方針がありますので、採用されるかどうかもわかりませんし、取次会社や各書店などにある一定の基準を通過しなければなりません。

そういった面をクリアすることに時間や手間がかかってしまうとしたら、自分でできるKindle出版の方が、早いうえに確実です。

税についても、Kindleでの自作出版の方が、料率が高くなります。

印税とは、書籍の販売売上から著者へ配分される割合のことをいいます。

出版社での出版にくらべ、Kindleでの自作出版のほうが印税率は高くなります。
そのため、書籍が売れるごとに、著者へ入るお金も多くなるのです。

(※ただし、Kindle自作出版の場合は、Amazonとの契約などにより、もろもろの手数料、その他の費用がかかります)

本を出したい!というのであれば、Kindle自作出版でも十分に実現できます。

ただし、本を出すことと、それが売れるかどうか、さらには自分の元へどれだけのお金が入ってくるかという点は、まったく別の問題です。

どんなに印税率が高くても、その書籍自体が売れなければ、収入は増えません。

ここからは、お金の面をからめてご説明していきます。

版社とは、マスメディアの会社です。
つまり、マス=大衆に向けて情報を発信しています(もちろん程度の差はあります)。

メディアを利用する一番のメリットは、伝える情報が広く普及される点にあります。
その配信網を武器に、マスメディア企業は成り立っているのです。

そのしくみ、基盤は、従来より国全体で培われてきたもので、どこかの一社が作ったものではありません。
国民の知る権利に応えるという役割があるからこそ、国をあげてその体制づくりがとられてきたわけです。

これらはメディア企業にいるとよくわかりますが、メディアそのものが国の財産なので、そこに関わる人たちは、そういった視点で業界をとらえています。

そして、出版をするということは、その情報を多くの人に知ってもらうことを意図します。
それは、すでにある流通網、配信網に、自分の作品なり書籍なりをのせることで実現するのです。

この威力は、まだまだソーシャルメディアではかないません。

たとえば、Kindleで自作出版して、Facebookなどで告知している人がいますが、Facebookで紹介して売るのであれば、電子書籍にしなくてもいいと思います。

Kindleを使う意味もあまりない。

自分のサイトからダウンロードできるようにして、直接販売すれば済みますし、その方が収入も大きくなります。

つまり、自分で読者を集めるのであれば、書籍を売らずに、自分の商品を売ったほうがいい。

念のために触れておきますと、小説などを書く、いわゆる作家になりたい人は別です。
作家になりたい人は、本の売れ行きがそのまま自分の成績表になりますので、相手はだれであれ、とにかく売ったほうがいいです。

要は、出版社から出版すると、広大な配信網にのせることができ、まだ見ぬ人を見込客として連れてきてくれる。

これが最大のメリットになります。

もちろん、そのためには、書籍の内容をしっかりと考えなければなりませんが、その点はプロの編集者やライターがいます。

そして、出版社を通じて、取次会社、書店などと協力体制のもと、自分の書籍を世の中へ広めることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. D80_0902_M
    昨日は、電子書籍の印税の お話をしました。 今日は、意外と知られてい…
  2. 11025195_810274529047937_8279164399193600150_n
    ─前回からのつづき─ 朝、図書館へ行き、端っこの棚から、一列ずつ順番に書籍…
  3. Young student in a library
    ─今回は、ちょっと趣向を変えて、私がなぜこの仕事をしているのかというお話です─ …

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る